2021年6月23日 (水)

公園の困りごと

公園を利用する皆さんは下の写真の情況をご覧になっているでしょうか?

きれいに石積みされていたところがだんだん崩されて危険な状態になってしまいました。

どうして石積みが崩れているのか? って思いますよね。

1_20210623124401  2_20210623124401

原因の一つはトカゲ探しです。

10年近く前から一部の方がトカゲを採取するのを見かけていましたが

近年エスカレートして次々に石をひっくり返して行った結果です。

公園で見られるのはトカゲとカナヘビ。

都会に残された貴重な自然環境だから暮らしているのですから大切にしたい。

これらを家で飼うのはなかなか大変。 死んでしまえば次はありません。

他の公園利用者にとっては危険な場所を増やしてしまう行為。

見かけた時には止めてトカゲも逃がすようにお願いしていますがなかなか減りません。

固いことを言えば「器物損壊」で罪になりますよね。

皆さんも注意喚起していただけませんか?

お願いします。

 

2021年6月17日 (木)

竹を切り出しました

6月12日 観察会を開けない中でも森の学級は活動しています。

今回は北江古田公園の竹林から竹を切り出しました。

個の竹林は孟宗竹ですが手が加えられていないので密になって

細い竹になり始めています。

Photo_20210617210801

古い竹、曲がった竹、細い竹を選んで切り出しました。

Photo_20210617211101 Photo_20210617211102

作業前(左)と                  作業後(右)

切り出した竹はみんなで枝払いをしました。

この作業が結構大変。

Photo_20210617211401

切り出した竹は腐葉土つくりの枠組みや樹木の支えに使います。

2021年6月 6日 (日)

ヒマワリの種まきをしました

緊急事態宣言延長の最終日が次回観察会にあたるために

6月の観察会も中止します。

観察会で予定していたのはヒマワリの種まき。

皆さんに種まきしてもらえないのは残念ですがヒマワリを

楽しみにしている方も多いのでスタッフで種まきをしました。

Photo_20210606131401

今年は5種類の種を蒔いたので楽しみにしてくださいね。

ちなみに今月のポスターはこんな形でした。

Photo_20210606132001

2021年5月 8日 (土)

5月の観察会は中止です

5月の観察会を16日に「草木染め」を予定していましたが、

緊急自治宣言の延長を受けて残念ですが中止にします。

尚、今のところ6月は開催する方向で計画していますが、

東京都の感染対策の動向により判断しお知らせします。

森の学級

 

 

2021年5月 4日 (火)

ナラ枯れの対策活動しました

ナラ枯れをご存じでしょうか?

江古田の森公園の北側にはコナラの古木がたくさんあって毎年ドングリを

たくさん落としていますが、見上げると気の葉が茶色くなっていたり、

葉がついていないことに気づくでしょう。

原因はカシノナガキクイムシ(略してカシナガ)が運ぶナラ菌が原因。

カシナガは5mm足らずの甲虫で、樹に穴を開けて入り込みます。

残念ながら感染した樹は伐採する他に効果的な処理方法がありません。

中野区公園課も承知していますが直ぐには伐採にかかれず、遊歩道側の

2本を伐採しただけです。

さて、森の学級として何かできることは無いか?

この中で繁殖したカシナガは6~7月に樹から飛び出して他の樹へと移動します。

そこで飛び出せないように樹をビニールで覆う方法があります。

カシナガの侵入を防ぐことと、他へ広げないことが期待できます。

早速中野区公園課にも相談しましたが、剝がされてしまうこと、事故が

起きる危険性から保存林内だけに行うことで了承を受けました。

早速ストレッチフィルムを使って保存林内に残る葉をつけたコナラに巻きつけました。

全部で8本。 この樹々が被害に合わないことを期待しています。

Photo_20210504192801

一方、カシナガが好むのはナラ、カシ、シイなど樹齢40~50年の大木。 

日本の森林利用の変化で若い樹木へと世代交代していないことも一因と言われています。

枯れてしまった樹木の代わりに植える苗木の準備も行っています。

 

 

 

 

2021年4月18日 (日)

4月の観察会 2021/04/18

4月18日今月は観察会再開の初日

チョット風は強かったけれど天気に恵まれてたくさん参加してくれました。

参加前の体温測定も皆さん定着してスムーズに終了。 

もちろんみんなクリアです。

さて子供たちはそれぞれに虫取り網を手に。 やる気満々。

開始前から虫を追い回しています。

学習室前のナノハナは花を終えて根元にはカラスノエンドウ(ヤハズエンドウ)がいっぱい。

草の中をよく見るとテントウムシ! 見つけた子供たちはみんなで覗き込み。

Photo_20210418211001

森の中でも虫を見つけるたびにみんなで注目。

Photo_20210418211201

森の中には枯れ枝がたくさん落ちていて中にはキクラゲの仲間も。

指で触るとプニュプニュ。 手で触れない子は小枝でツンツン。

Photo_20210418211401

観察会を終えてからスズカケノキとミズキの植樹をしました。

石ころだらけの地面を掘るとコガネムシとセミの幼虫が出てきました。

ミミズもたくさん。

Photo_20210418211701

お疲れさまでした。

 

 

2021年3月23日 (火)

4月から観察会を再開します

4月から観察会を再開します。

期日 4月18日 日曜日

時間 10:00から12:00頃まで

集合場所 江古田の森公園 学習室

1月からの自粛期間に森も春を迎えています。

学習室前の菜の花も花の盛り。 

久しぶりに見る森はどんなことになっているでしょう。

植物、昆虫、野鳥など見て回りましょう。

観察後には植樹を予定しています。

良かったら参加してください。

まだまだコロナ対策が必要です。

マスクの着用、検温、消毒、三密回避にご協力ください。

Photo_20210323182401

2020年12月30日 (水)

1月の観察会のお知らせ 中止します

緊急事態宣言を受けて1月の観察会は中止します

 

1月の観察会のお知らせ。

2012年最初の観察会です。

今月は冬芽と葉痕を観察します。

コロナ対策として検温、マスク着用、手指消毒等 協力をお願いします。

 

Photo_20201230150401

 

2020年12月14日 (月)

12月の観察会 2020/12/13

今月は「クリスマスリースつくり」

コロナ対策で参加者を制限しての開催になりました。

キャンセル待ちの方も多く急遽屋外枠で参加者を増しましたが

参加できなかった方には申し訳ありませんでした。

屋外枠でも日中は日差しが暖かく救われました。

屋内は4組、屋外2組 合計30組

Photo_20201214211402 Photo_20201214211401

皆さんの作品は今年もそれぞれ個性が活きて素敵です。

 6563  6560 6565

6573 6570 6568

6581 6579 6577

4659 6584

6597 6592

6601 6599

  6604 6603

6609 6607

6614 6611

6618 6615

6624 6621

6628 6626

6630

たのしいクリスマスを迎えられますように!!

2020年11月17日 (火)

12月の観察会のお知らせ >定員に達しました<

12月 今年もクリスマスリースつくりをします。

毎年多くの方々に参加いただき、素敵なリースが沢山作られます。

残念ですが今年はコロナ感染対策で人数を制限しての開催になります。

4組づつ1時間毎の入替制で行いますのでブログからメールで

事前申し込みをお願いします。

>定員に達しました<

引き続きキャンセル待ちは受け付けます

 

メールはページ右側の「メールを送信」から送れます。

または pxg04464@nifty.com  まで

原則、電話での受付は出来ませんのでよろしくお願いします。

尚、諸事情でキャンセルされる方は早めにお知らせください。

 

期日 12月13日 日曜日  時間は下記参照

場所 学習室 ハナミズキの丘 公園西側トイレの並びです。

231

 

Photo_20201116175601

«11月の観察会 2020/11/15