2017年5月12日 (金)

5月の観察会のお知らせ

5月の観察会のお知らせです。

5月は草木染めをします。

5月21日 日曜日 10:00からです。

森で染めやすい葉っぱなどを集めてから布にたたいて染めます。

おうちに好きな葉っぱがあったら、ためしてみるのもよいかもね?

Photo

2017年4月27日 (木)

4月の観察会 2017/04/23

4月23日(日曜日)今月の観察会は「新しいいきもの見つけよう」です。Photo

あたたかくなった森にはモンシロチョウ、アゲハ、キアゲハ、

クロアゲハも飛んでいました。

木々も新芽をひろげ、草にも小さな花が咲いています。

2

熱心にスケッチをしながら観察。 Photo_2

そのノートほしいな!

子供達は虫取り網がお気に入り

キアゲハ、モンシロチョウ、ツマキチョウなどをつかまえました。

おや? これはチョウ? と持ってきたのはガでした。

何かな? これは?

調べてもらったところウスクロオビナミシャクのようです。

ガは種類も多くて名前もむずかしいですね。

保存林ではナナフシの赤ちゃんのまで見られました。

Photo_3

2017年3月29日 (水)

4月の観察会のお知らせ

4月の観察会は

4月23日 日曜日 10:00から行います。

テーマは「新しいいきものみつけよう」です。

サクラの花も終わって暖かくなると昆虫が出てきます。

冬を越した虫に、この春に生まれる虫、

冷たかった土を持ち上げて出てくる草花も、

今年の新しい顔ぶれを探してみましょう。

Photo

2017年3月21日 (火)

3月の観察会 2017/03/19

3月19日 今回は「早春の草の芽吹きを見にいこう」でした。Photo

ところが公園の中は神経質なほどに草が

刈られてしまって花がほとんど見当たらない状態。

まずは教室前でロゼットを観察。 地面にくっついていたの

で草刈りされずに花が見られたのはオオイヌノフグリ、

タネツケバナなどでした。 

公園内が望み薄なので今回は外周と保存林を見ました。

外周の石垣上にはミモザが花盛り。 

花を近くで見ようと石垣登り、はじめは遠慮していた子もPhoto_4

みんな登って観察。 元気!元気!

ビオトープにはヒキガエルのタマゴ。

女の子はすぐに触ってみるけど、

男の子はちょっと苦手?

「家で観察したい」とそれぞれにお母さんに交渉してました。

カエルの形になったら戻そうね。

Photo_5Photo_6

お疲れ様!と 教室に戻ったら、

チョウチョが飛んでる!

今度はみんなでチョウを追っかけだして、

みんな元気いっぱいでした。

2017年3月 9日 (木)

3月の観察会のお知らせ

3月の観察会のお知らせです。

3月19日(日曜日)10:00から 「早春の芽吹きを見にいこう」です。

冬の間茶色くなった地面も少しずつあおさを取り戻し

小さな草花が見られるようになりました。

3月になれば多くの花が見られるでしょう。

1月に冬芽を観察した木々も花を開き、葉をのばしているはずです。

ゆっくりと森を観察してみましょう。

Photo

2017年3月 3日 (金)

2月の観察会 2017/02/19

2月の観察会は「冬の小鳥を見てみよう」です。_3763

2月19日 日曜日 天気は良いけれど少し風が冷たい。

鳥たちは何をしているでしょう。

双眼鏡を使ったことのない子供達に簡単に使い方を教えて、

絶対に太陽を見ないこと!!も忘れずに。

最初はキジバト、動きが遅いから双眼鏡で見えるかな?

望遠鏡で見るともっと大きく見えるよ。

小鳥は朝が活発。 この時間で見られる鳥が少ないけれど

人工芝にハクセキレイを見つけてみんなでのぞきました。 

近くにはシロハラやツグミも。 こっちは動きがはやくて大変。_3775_2


_3771_2

今日見聞きしたのはキジバト、コゲラ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、ツグミ、シロハラ、ウグイス、エナガ、

ジジュウカラ、メジロ、ムクドリ、ハシブトガラス、ドバト 

冬は小鳥が見やすいのでまた見に来てね。

2017年2月 6日 (月)

2月観察会のお知らせ

2月の観察会のお知らせです。

2月19日(日曜日)10:00から

今月は江古田の森で小鳥を見ましょう。

冬は寒いですが木の葉が落ちて小鳥を見つけやすい季節です。

双眼鏡を持っている人は持ってきてくださいね。

Photo

2017年1月30日 (月)

1月の観察会 2017/01/22

2017年最初の観察会は1月22日(日曜日)

今月は冬芽と葉痕の観察です。Photo

暖かい日差しに森で花は咲いているでしょうか?

よく見るとピンク色のツバキ、紅白のシダレウメ、スイセン、

カワヅザクラも何輪か咲いていました。

今回は森で見られそうな冬芽や葉痕をそれぞれ紙に書き

ビンゴゲームをしてみました。

ハナミズキの丸い花芽から初めて、ユリノキの芽は

半分に切って中を観察。

葉っぱの赤ちゃんが重なっていましたね。Photo_2

トチノキの芽はベタベタしています。

さわったみんなの指もベタベタになりました。

さてビンゴゲームの結果は?

みんなビンゴ!!

中にはトリプルの人もいて、沢山見られました。

今回は公園の南側で建設が進む住宅の管理をされる方々にも

参加していただきました。

住宅側にも沢山の木が植わっていろいろ観察できると良いですね。

2017年1月10日 (火)

1月観察会のお知らせ

新年最初の観察会は1月22日(日曜日)10:00からです。

今回のテーマは「冬芽と葉痕の観察」

おもしろい葉痕や特徴のある冬芽を見ていきます。

今回は江古田の森で見られるものを予想して

誰が早く見つけられるか? ゲーム感覚で見ていきましょう。

Photo

2016年12月23日 (金)

12月の観察会 2016/12/11

12月の観察会はクリスマスリース作り。

天気にも恵まれて今年もすてきなリースがいっぱいできました。

たのしいクリスマスが迎えられますように!!

_3646_3
_3638_3

_3639

_0051_2

_3641_2

_0055_2




_3648_2

_0054

_3652
_3653

_3656

_3669

_3671

_3665_3

«12月の観察会のお知らせ